墓石の選び方、建て方、おすすめの業者など

Posted in 墓石 on 1月 19th, 2012 by admin — コメントは受け付けていません。

墓石を考える

お墓参りをしている人はとても多いと思いますが、実際に自分でこれを買ったことのある人とか、あまり墓石について知っている人はそう多くないのではないでしょうか。
日常的に墓石について考える機会はあまりないでしょうし、周囲でもそう話題に上がることもないでしょう。

両親に連れられてお参りをし、そこにあるものが自分の家の物であり、そしてそこに自分のご先祖様が眠っている、それが当たり前のことで、それを誰が準備したとか、どんな風に買うのかなんて考えることはあまり無いと思います。
しかし両親が他界し、父親が長男ではない時に子供達は自分の家のものを準備しなくてはなりません。

当然小さな時から見慣れているものですから、大体の形は想像がつくと思いますが、いざ買うとなれば、どこで買ったらいいのか、価格の相場はどれくらいかを知らなくてはなりません。
自分が建てたものがその子供へ、そしてそのまた子供へと代々受け継がれて行く大切なものです。
じっくり納得のいくものを選んで下さい。

お墓石について

お墓について、あなたはどれくらいのことをご存知ですか?
これは先祖代々の亡くなられた方のお骨を納め、そして生きている親族たちがお参りをするためにあります。

そんな尊いものではありますが、それは自分たちの思い通りに、好きな様にできるものではなく、少しだけ決まり事があります。
自分たちの所有であるとはいっても、当然守らなくてはいけないもので、こういった決まり事を知らなかったり、守らなかったりすれば、その土地を利用することができなくなることもあります。
まずはこれには墓石というものを用意しなくてはなりません。

お墓は納骨して参拝するところでありますが、その目印ともなるのがこれになります。
これを選ぶには当然、納めるところの基準にそったものではなりません。

その石の種類や、その石に刻む字は特に決まりはありませんが、多くの場合は一般的に選ばれるものを購入する人が多い様です。
どこの家のものなのか、そしてそこに眠っている人は誰なのか、享年はいつなのか、一般的にはこの様なものが刻まれています。

墓石を買う

もしも、あなたにお墓を買う必要ができたら、まずは墓石選びから始めなくてはなりません。
顔なじみの石屋さんがいれば相談できるけど、そうそう知りあいがいる人もいないでしょう。

そしてこういったものを購入しようと考えるときはやはり必要に迫られたときであり、直ぐに準備しなくてはならない人も多いのではないでしょうか。
じっくり選んでほしいとは思いますが、実際には選ぶ時には時間があまり無いというケースがとても多いのです。

普段、そんなことを考えるのもなと感じる人もいるかもしれませんが、すでに設置する土地が決まっているのであれば、時間や経済的に余裕のある時に、墓石を用意しておくということをお勧めします。

大事なものですから、やはりじっくりある程度の情報を集めて、選ぶことができるのが理想だと思います。
意識してみれば、石材屋の広告なども新聞の折り込みチラシに入っていたり、インターネットでその情報を集めることもできます。

墓石を建てる

お墓をどんな場所にもつか、これは既に決められた土地がある人はいいのですがそうでない場合、とても迷うことなのではないかと思います。
すでに持ち家があって、転勤などで引越の可能性のない家庭であれば、その近所に建てればいいと思いますが、そうでない場合、転勤族であったり、実家はあるけれど、自分の住んでいるところからかなり離れていたり、、、何ていうときはやはりどうしようか迷ってしまうものでしょう。

これから建てようという人は一体どういったことに配慮して選べばいいのでしょうか。
ますは自分たちが普段の生活の中でお参りに行き易いということが一番のポイントだと思います。

生活している場所から通いやすいということは足が遠のくこともなく、お盆やお彼岸なども家族揃ってお参りすることができます。
距離だけではなく交通の便などについても、生活している圏内から無理のない場所であることで、きっと大切に守って行けることと思います。

お墓を守る

お墓を守るといいますが、実際あなたはこのものと普段どんな風に関わりがありますか?
両親が健在で、お参りにいくものの、様々な管理は両親任せの人もいるでしょう。
両親が他界し、自分がこれから守っている役割をになった人もいるでしょう。

年に1度や2度しかいけない人も多いとは思いますが、それくらいになれば、やはりその周りも雑草が生えたり、石が汚れたり、、お参りにいった時にはきれいにしてあげなくてはなりません。
最近ではとてもきれいに整備されている墓地も多くありますが、個々にはやはりその各家庭が責任を持ってきれいに保たなくてはなりません。
実際に自分がそこに眠っていたら、やっぱり、きれいにしてもらったり、お参りをしてもらえたら嬉しいなと思います。

墓石は石だけに外にあってもそう傷むことはないと思われがちですが、直射日光で傷無場合もあるそうなので、こういった場所を選ばない様にすることも一つの手です。
良い材質の石を選ぶことで石の劣化も防げますが、基本的にはこれを守って行く人たちで大事にきれいにしていくことが大切なことだと思います。

墓石

墓石は和田石材をご参照ください。

アークテリクスのジャンル

Posted in アークテリクス on 12月 7th, 2011 by admin — コメントは受け付けていません。

 アークテリクスはどのようなジャンルのアウトドアなのでしょう。
 主にスキーやスノボー、トレッキングとなっています。
 ウィンタースポーツはどこの国でも若者から圧倒的な支持を集めているのですが、一方で期間限定という事もありますから、楽しめる時期が限られているのと、ウエァが大事になってくるという特徴があります。

 特に最近では、ただアウトドアを楽しむだけではなく、「お洒落に」楽しみたい人が増えていますので、アークテリクスの人気がとても高いものとなっているのです。
 機能性、そしてファッションを両立しているアークテリクスだからこそ、多くの人から選ばれているのです。
 アークテリクスがただお洒落なだけで機能性がなかったり、機能性は高いものの、お洒落ではなかったら、今ほど高い人気を得ていたかは解らないでしょう。
 機能性とファッションを両立し、ウィンタースポーツを楽しむ事が出来るからこそ、アークテリクスの人気が高まっているのです。

アークテリクスの他ブランドにない特徴

Posted in アークテリクス on 11月 11th, 2011 by admin — コメントは受け付けていません。

「創造と開発」。

これこそがアークテリクスを定義する言葉です。
業界をリードし、ひとつの規範となる技術的な革命とはいきなり起こり得ることではなく、「evolution in action」をテーマに常に進化を求めて前進し続けて初めてなし得ることでしょう。

他ブランドに先駆けて、3D立体構造のハーネス開発、止水ジッパーの開発、素材のラミネーション開発などさまざまな開発を行い、新しいカテゴリーの発展にも大きな役割を果たしてきたのがアークテリクスです。
従来の古い製造方法や考え方は一切採用せず、縫製を減らして美しく耐久性のある製品を開発するという、まさに「創造と開発」といえる道を歩んできました
アウトドアウェアの業界においては、アークテリクスの技術が規範となり、その技術を他のブランドが採用して新製品を発表する間、アークテリクスは現状には留まることはせず、その技術にさらに改良を加えることによって新たな製品を生み出し、常に一歩先を行くブランドとなっているのです。

技術革新のサイクルの先を常に見つめてデザイン開発を行っているのが、アークテリクスなのです。

アークテリクスなら福岡県北九州市小倉のARC'TERYX (アークテリクス) 取扱店 BLUEBERRY (ブルーベリー) のオンラインショップが便利!